Blog archive 過去記事一覧

経営支援情報

令和2年分の年末調整の書類には、新しく「給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」(通称マル基・配・所)というものが新しく追加されています。この書類は、改正によって新しく設けられた「基礎控除申告書」と「所得金額調整控除申告書」が統合したもので、3つの部分に別れています。一見複雑ですが、書く項目としては限定されていますのでひとつひとつ見ていきましょう ...
続きを読む
年末年始は、大きな資金が必要となる時期です。10月のうちに資金繰りを計画しておくとよいでしょう。特に未収債権の回収促進に努めましょう。 年末にかけての資金繰り計画  10月は年末にかけて、賞与資金など大きな支出の他に、様々な諸経費も増える時期です。資金繰りに窮しないよう、計画を立てておきましょう。資金繰りでは、売掛金の回収促進・在庫などの管理が重要です。未収債権を把握し、滞留しているものがあれば、 ...
続きを読む
 新型コロナウイルスの影響により売上が落ち込んだ事業者に対する税制上の減弁措置として、2021年度の固定資産税(都市計画税を含む)の減免制度が設けられています。事業用家屋及び償却資産にかかる固定資産税・都市計画税の課税標準を2分の1、またはゼロとして扱う制度です。(土地は減免対象ではありません) リンク:中小企業庁「減免措置制度について」 対象となる『中小企業者等』とは? 次の1または2に該当し、 ...
続きを読む
名称で間違えやすい「補助金」と「給付金」 持続化給付金は、「感染症拡大による、営業自粛等で特に大きな影響を受けている、中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくために、事業全般に広く使える給付金を給付」する制度です。給付金の申請期間は令和2年6月29日(月)から令和3年1月15日(金)までとなります。 他方で、持続化補助金は、同じ経 ...
続きを読む
協会けんぽでは、毎年度10月上旬から下旬にかけて、健康保険の被扶養者となっている人が、現在でもその状況にあるか否かを再確認する手続きを行っています。本年度も例年通りのスケジュールで実施されますが、厚生労働省より協会けんぽに対して、厳格な方法により再確認を行うことが要請されていることから、添付書類に注意する必要があります。 確認手続きの対象となる方は、2020年4月1日において、18歳以上である被扶 ...
続きを読む
今月は、19日から4連休があるようです。取引先の休業状況も確認しておきましょう。また台風シーズンですので、いざというときの防災や安全対策についても考える時期ですね。 社会保険料 定時決定結果の反映(9月より) 7月に提出された算定基礎届などに基づいて、9月からは新たに定時決定された標準報酬月額を使用することになります。新しい標準報酬月額に基づいた保険料は、9月分(10月末納付)から反映され、翌年の ...
続きを読む
新型コロナウィルス感染症により、医院を開けることができない場合等に対応するため、医療福祉機構が長期運転資金(新型コロナウィルス対応支援資金)の優遇措置を実施しています。 緊急対策として、補正予算で医療事業者向けの資金繰り支援が講じられており、現状、無利子・無担保等の条件で融資が受けられます。 リンク:WAMネット(医療貸付事業) 優遇措置(新型コロナ対応資金)の概要 WAMネットによる貸付制度は、 ...
続きを読む
緊急経済対策として当面3年間は、金利引下げ 新型コロナウィルス関連の経済対策の一環として、経済産業省は、3月17日より日本政策金融公庫が実施する「マル経(小規模事業者経営改善資金融資)」について、『新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少した小規模事業者の資金繰りを支援するため、別枠1,000万円の範囲内で当初3年間、通常の貸付金利から-0.9%引下げする。加えて、据置期間を運転資金で3年以 ...
続きを読む
傷病手当金とは? 病気や怪我などにより、労務の提供ができず、会社を休むときで、以下の4つの要件を満たす場合は、健康保険より傷病手当金が支給されます。協会けんぽ、健康保険組合連合会で異なることはありませんが、国民健康保険ではこの給付制度は原則ありません。 ただし、政府が発表した新型コロナウイルス感染症対策の方針を受け、各自治体において、国民健康保険加入者について、傷病手当金を支給するようになりました ...
続きを読む
このまとめ情報では、労務や税務に関する月別の行政の動きについてまとめています。夏季休暇を踏まえて必要な手続きや業務をこなしていきましょう。 個人事業主の税金の納付  8月は、個人事業者の前年度に係る税金の納付期間です。納税する方は、資金繰り等を考慮して、納付漏れがないようにご注意ください。例えば以下の税について支払いとなります。 個人事業税(第1期分)個人道府県民税・市町村民税(第2期分)  口座 ...
続きを読む
雇用調整助成金ガイドブック簡易版より抜粋 厚生労働省は、雇用調整助成金について、緊急対応期間を設定して、助成率の引き上げ等の特例措置を実施しています。厚生労働省は、雇用調整助成金について、緊急対応期間を設定して、助成率の引き上げ等の特例措置を実施しています。もともと、助成率は、中小企業で約67%(2/3)、大企業で50%でした。それを中小企業は80%、大企業は約67%(2/3)に引き上げ、1人も解 ...
続きを読む
新型コロナウイルスの影響でどうしても、資金繰りが間に合わない見通しがある場合は、早めに国税庁の徴収担当者に電話相談しましょう。申請により、納付猶予制度が利用できる可能性もあります。以下のリンクをご確認ください。 納税猶予制度リーフレット(PDF) 納付が困難な場合は「納税猶予」の活用を 納税の猶予期間は1年ではありますが、申請をして認められれば、猶予期間中の延滞税の一部免除が受けられます。  また ...
続きを読む
一般公募の2次募集が行われている「ものづくり補助金」ですが、その2次募集スケジュール中に「新型コロナウィルス対応の特別枠」が新しく設けられました。2次公募スケジュール中に、特別枠も並行して設定するということになります。 変更点1:ものづくり補助金2次公募・新型コロナ特別枠のスケジュール 【2次公募スケジュール】(特別枠も並行してこの日程) 公募開始:令和2年3月31日(火)17時~申請受付:令和2 ...
続きを読む
Back to BlogPage